サーマルゴールドは起毛じゃないのか?!

起毛です。
テーピングができる厳選した最高級の素材です。
併せてテーピングには職人の技術も必要です。
それが納期を1ヶ月いただいている理由もあります。
理由はまだありますので次回にさせて下さい。。。
長くなりますので。。。

というところで前回終わり

ちょっとお時間かかりました

ロスのスーパースーツです。

10341901_828958413828525_7266225840379809776_n

 

サーマルゴールドはとても高価な素材の編み込み、
加工方法で仕上げられています。

ラバー(スポンジとかネオプレーン、ゴムと呼ばれています)もいろいろな種類があり各メーカー選んで生地と張り合わせます。

サーマルゴールドは起毛の分類に入りますが他の起毛とは違います。

起毛というより生地に近いと思って下さい。

生地に近いため従来の起毛のように毛足が短いため
ジャージの生地に近いものがサーマルゴールドです。
このことからテーピングの加工に適した条件ができます。
クラフトマンにとっても、とても扱いやすいものとなります。

技術があっても素材の条件が適していなければ
作業は困難となり不具合も多くなります。

サーマルゴールドのスーパースーツ、ネックイン”ボイジャー”は
サーフィンという激しいスポーツに対応するために

ストレスを軽減するスーパーストレッチを追求しています。
ウェットスーツには縫製が必要なためどうしても縫製の穴が開いてしまいます。

これが近年の柔らかいラバーの弱いところでもあります。
ラバーはゴム製品です。
穴が空いていれば着脱の繰り返しで穴は広がりいずれ貫通してしまいます。
その穴の広がりを抑えるために
スーパースーツ、ネックイン”ボイジャー”は裏面すべての接着部分にテーピングをしています。
縫製の穴の広がりを抑えるのが目的です。

激しい動きに、冬の寒さからの着替えによって伸縮は必要不可欠になっています。
サーフィン用としてのウェットスーツを追求した仕上げています。

納期1ヶ月の理由は
接着したすぐの状態ではボンドが硬化しません。ボンドをしっかり硬化させることが重要です。

テーピングは熱によって圧着しています。
ボンドは熱に弱いためしっかり硬化してからでないと接着面が剥がれてきます。

手作業でデザインにそって1着、1着進めていきます。
そのため時間がとてもかかることからお時間をいただいています。

ながながとご紹介しましたが
多々わからないところなどあると思いますが
技術と経験、サーフィンして使ってみて考えて生まれたのが
グライズウェットスーツです。
是非お試し下さい。

ロスのスーパースーツ
彼は千葉片貝ホームです。
ご存知、極寒です。
10422450_829421900448843_6663617758451185597_n

それにしても デカい!

 

Follow me!